パリ商工会議所(CCIP)主催

フランス語能力認定試験 TEF (Test d'Évaluation de Français)

公式ページはこちら→日仏文化協会


TEFは、フランス語を学習する外国人を対象に行なう世界共通のテストです。必修試験の答案はパリのCCIPに送られ、コンピュータによる採点、分析が行われた後に、各受験者の手元にフランス語能力のレベル認定書が送付されます。

受験資格は、フランス語がある程度理解でき、また、表現できる方。履修時間の目安は240時間以上です。フランス語を母国語とする方、および全くの初心者は受験できません。

TEFの特色は、受験者の試験結果が読解、リスニング、文構成・語句の3つの分野ごとに棒グラフで示されることです。これによって受験者は自己のフランス語能力を数値で正確に位置づけることができます。
さらに、オプションとして文章能力を測る筆記試験と会話でのコミュニケーション能力を測る口頭試験もあります。

必須試験(Les épreuves obligatoires) 試験問題例

オプション試験(Les épreuves facultatives)

TEFレベル対照表

TEFレベル欧州評議会各レベルの概要
上級
834〜900
C2完璧なフランス語能力
様々な分野において、読み、聞いたものを完全に理解できる。微妙なニュアンスをも正確に感じ取ることができ、複雑な文章、情報を精巧に解釈できる。

699〜833
C1優れたフランス語能力
仕事をはじめとする社会生活において広く対応できる語学力を持つ。複雑で専門的な知識を要する文章や情報も、細部にわたり理解できる。
中級
541〜698
B2総合的なフランス語能力
日常生活で広く対応できる語学力を持ち、一般的な話題に関して議論ができる。また興味のある分野においては、抽象的な話題でも詳しく内容を理解できる。

361〜540
B1限りがあるが有効に活用できるフランス語能力
日常生活や旅行などで一通り対処できる語学力を持ち、自分の意見を簡単に表現できる。既知の話題を扱った文章、ディスカッションで、明確に述べられた情報を把握できる。
初級
204〜360
A2フランス語の基礎的な構造を理解できるレベル
日常生活において簡単な内容のメッセージを理解し、必要な情報を得られる。基礎的なコミュニケーションができる。

69〜203
A1フランス語の基礎知識を持つレベル
既に知っている表現を元にして、簡単なメッセージを部分的に理解できる。口頭でも繰り返し言われれば簡単な表現を理解できる。
0+
0〜68
フランス語を語句単位で理解できる。また、既に学習して覚えている表現を使える。

TEF試験実施予定

実施日申込期間実施会場試験内容
2016年2月7日(日)10月9日(金)〜12月18日(金)東京:日仏文化協会 本部
大阪:ハービスプラザ3F セミナールーム
必須・オプション筆記・オプション口頭
2016年6月5日(日)2月12日(金)〜4月22日(金)東京:日仏文化協会 本部
大阪:ハービスプラザ3F セミナールーム
必須・オプション筆記
2016年10月2日(日)6月10日(金)〜8月19日(金)東京:日仏文化協会 本部
大阪:ハービスプラザ3F セミナールーム
必須・オプション筆記

受験料

必須試験¥15,000
オプション試験 筆記¥10,000
オプション試験 口頭¥10,000

申込先日仏文化協会内 TEF事務局


Au Pays de Neige